こんにちは、WEBスタッフYWです。

先週、ベリークィーンジャパンさん主催のGABY SHIBA 華麗なる中東舞踊ワークショップに参加してきました!

世界4カ国にダンススクールを展開し、指導者、舞踏家、振付家、舞台監督として類まれなる才能を発揮し続ける中東舞踊の伝道師 Gaby Shiba (ガビー・シバ)先生。
そして今回初来日!


ワークショップはたくさんあって悩みましたが、、
BEDOUIN STYLE DANCE ベドウィンスタイルダンスのワークショップにしました。
(人気のダブケも気になったけど・・・)

ベドウィンとはアラビア語でアラブの遊牧民のこと。
スーダン、アルジェリア、イラク、エジプトなどに多く存在しており、
現在は47,000人ほどレバノンにいるそうです(Wilkipediaから

今回の踊りは、レバノンに暮らすベドウィンの伝統的な踊り。


*イメージ Why Do Bedouin Women Have Facial Tattoos?


女性は普段一人で外出はできないけれど、泉に水を汲みに行くときは女性だけで外に出ることが許されていて、水を汲みに行った先で好きな人と会ったり、憧れの人を見に行ったりして、水汲みを口実に楽しんでいたそうです。そんな楽しいひと時の時間を表現した踊り。
現代は水汲み行かなくてもスマホとか電話で好きな人と連絡取り合えるけどね(笑)とGaby先生。

ポット持ちながら、優雅ステップを踏む振付で、
特に肩を上下させながらステップを踏み挨拶をする動きが可愛くて素敵でした。フォーメーションで覚えていき最後まで完成!皆で踊れて楽しかったです♪


衣装も見せていただきました、
カラフルで美しい〜
衣装はGaby先生が作ったそうです!


頭の装飾とレースでファイスまわりを囲うのが可愛いです。
JUNKOさんとってもお似合い!


どんなポットで踊るのか見たかったのですが、
今回は荷物が多くてブラジルから持ってこれなかったよ。次回持ってくるよ。とGaby先生おっしゃっておりました。

しかしYoutubeで動画発見!
画像荒いですが、茶色のいろんな形のポット持って踊ってますね。

貴重なワークショップを受けられて楽しかったです!
Gaby先生、ベリークィーンジャパンさん ありがとうございました。


【おすすめアイテム】

コイン付きフェイスベール
ベドウィン女性が身につけているようなカッコいいフェイスベール♪

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Gaby先生のワークショップは先週でしたが、ショーは明日ですよ〜! 当日券もあるそうです!オススメ!

GABY SHIBA
華麗なる中東舞踊の世界
2018年6月15日(金)野方区民ホール

こちら主催のSalmaさんのブログから

今年の4月に長年中東舞踊の指導に携り、世界規模でその文化を広めた功労者として認められ、エジプト文化省から表彰されました。

GABY先生は、レバノン系ブラジル人です。
エジプト国籍ではありません。
なのにどうして、エジプト政府がGABY先生を表彰したのでしょうか。

GABY先生は、中東全域で放映されたTVプログラム「Fawazir」を含む
様々なバラエティー番組制作に携り、大物歌手のバックダンサーとして
当時若手だったMohamed Salah、Mohamed Kazafy、Gamal Mito、
Hosssam Mansy、Wael Mansour 、Mohamed Shahinらを起用し
彼らへの振付と指導を直接行いました。

エジプシャンやレバニーズの民族舞踊のほか、
ラテン、モダンダンス、シアトリカルダブケなど、
GABY先生の振付を習得していった当時のダンサー達が
今ではマスターティーチャーとして世界に羽ばたいています。

さらに、ブラジル、アルゼンチン、ロシアでも
フォークロアを指導しています。

これだけ広範囲に中東舞踊を広めた人は
GABY先生しかいないということを、
エジプト政府も認めたということです。

この公演の構成、キャストには、本当に自信があります。
特に、ソロイストとしてSadiaが抜擢した
FaRida、Hisana、Malika、TSUBAKIの踊りは見逃せません。

Sadiaが主張する「音楽性に優れたダンサーこそ真のダンサー」
を証明する4人です。テクニックのそのさらに上をいく、

音楽との一体感を是非感じて頂きたいです。