こんにちは、スタッフYW@BKKです。

1

u-coさんとTIDAさん共同主催で土曜日に行われた
スヘイラ&ジャミーラフォーマットin 東京 ミニワークショップ
https://www.facebook.com/events/432275480282019/
にSIO@TOKYOも参加していたようです。いいなぁ~いいなぁ~。

ということでジャミーラ・サリンポーのお話しを少し

ジャミーラ・サリンポーはスヘイラ・サリンポーの母で、
”the grandmother of American bellydance”(アメリカンベリーダンスの祖母)と呼ばれ
現在トライバルベリーダンスと呼ばれるベリーダンスの最も古い創設者であり
現在のベリーダンスにも多大な影響を与え続けている人物である。

2

ジャミーラが生み出したダンスの一つにスネークダンスがあります。
1969年、ルネッサンスプレジャーフェアですでに活躍していたジャミラ率いるBal Anat。
インド蛇を使ったマジックをするマジシャンがいたのですが、
蛇の扱いがとても酷かったので、ジャミーラは蛇を譲るよう交渉し蛇を譲り受けました。
譲り受けたはいいが、この蛇をどうしよう?と最初はどうしたらよいか分からなかったそうです。
でも蛇はお腹が空いていない時はとてもおとなしいと分かりパフォーマンスで使うようになりました。
スネークダンスは、ジャミーラが知る限り中東でもともと伝統的にあった踊りではなく、
インドでは蛇使いのパフォーマンスは昔からあるが蛇とダンスするものではなかったので
スネークダンスを披露したのはジャミーラが最初だったと言えます。

3
1974年 Bal Anat パフォーマンス@ルネッサンスプレジャーフェア
https://www.youtube.com/watch?v=W5i-_AfSC20
5:20 くらいからスネークダンス
4

今年3月末にあった台湾でのスヘイラワークショップで、ある生徒さんがスヘイラに「蛇は噛まないの?」と質問したときに
ジャミーラは今まで一度だけ噛まれたことがあるのよと教えてくれました。

その時の様子をへたっぴな漫画にしてみました。

車で移動しているとき、蛇がお腹をすいており
早くスーパーマーケットへ!と向かっていたときのこと。

M1

あと少しでスーパーマーケットに着くときに、
なんと蛇は我慢できなくなりジャミーラの腕を噛んでしまいました。

M2

「ファーック!ファーック!」とジャミーラは怒り狂い蛇をぶんぶん回したそうです。

M3

大人たちがアタフタしている間、スヘイラ当時4,5歳は冷静に
駐車場の係員にビニール袋をもらいに行きました。
「ぼーっと見てないで早く袋を!」

M4

ぶんぶん蛇を回し始めたが、その後どうしたらいいか分かんなくなっていたジャミーラに
スヘイラが袋をだし、そこへ蛇を投げ入れて一件落着したそうです。

M5

4,5歳で冷静沈着なスヘイラと
アーティスティックで感情的なママ、ジャミーラ。なんだか頼もしい親子なんだな~と思いました。

5 6

マチダレイさん主催のSuhaila Salimpour work shops in Japan 2015/10/16-19
あと少し枠が残ってるみたいです!私もSIOも参加予定!京都へGO!
https://www.facebook.com/events/335436156658811/

[DVD] Bal-Anat: The Revival (Suhaila Salimpour)
2011年、Jamilaが創った舞踊団Bal AnatのパフォーマンスをSuhailaが再現したパフォーマンス映像。
http://fig-tokyo.com/shopdetail/000000006578/ct198/page1/order/

7

★今週のオススメ★★★

フリンジピアス【全6色】
http://fig-tokyo.com/shopdetail/000000007705/ct269/page1/order/
カラフルなフリンジがかわいいピアス

8

参考サイト
http://thebestofhabibi.com/vol-17-no-3-spring-1999/from-many-tribes/