こんにちは、yuki(WEB)です

先日、演奏家シーア主催、semaの会にて旋回して参りました

tarsem-the-fall-stills-05

セマーについて詳しいことはこちらをご覧ください→ wikipedia

 

 

今回はトルコのセマーに習い、生演奏と唄に旋回する機会をいただけました

 

私は旋回をするのは3回目で、しかも久しぶりの旋回、ちゃんとまわれるか不安な気持ちと共にスタート

旋回舞踏は不思議なもので、気持ちがすぐ動きに現れるのです

怖いな、とか、他の人を気にしたりとか、違う事を考えているとぶれて、よろけそうになります

 

最初は他の参加者の方の上手な旋回舞踏や、場の荘厳な空気に圧倒され、

よろけてばっかりでした

よろけるたびに、なんでこんなに下手なんだろう、私踊り何年やっているんだ…恥ずかしい…など

余計なことばかり考えていました

 

こちらの会は旋回の時間が4時間も(!)あり、

まわったり、休憩したりを繰り返しながら会は続いていきます

演奏家、唄い手さんは4時間ずっと休まずに音楽を奏でていてくれます

 

会が進んでくると、この会場の空気、みんなで同じことに向けて動いている感じに私も溶け込んできて、

何も考えないでただひたすら音楽にゆだねて動くようになりました

すると、動きがぶれず、するすると滑るように旋回できたのです

この日はわりと生地量のある重めのワンピ―スを着ていたのですが、

ぶれているときはワンピースの重みがさらにブレをすすませ、よろけていました

しかし、あ、まわれている!という感覚を得た時は、ワンピースの裾が均一に遠心力で引っ張られているのを感じました

トルコのセマーのようにスカートがぐぐんと広がっている感じです

 

なにも考えず、ただ委ねて旋回するこの感覚…3回目で初めてわかりました

トランス状態ともちょっと違う、心がフラットな感じ 面白い!

 

からだが安定してきたので、今度は腕を上にかざしたりからだに巻きつけたりしてみました

今までだったらその瞬間バランスが崩れよろけていたのですが、

この日は手もスムーズに動き、バランスも崩れませんでした

手も頭も、まわっている遠心力に委ねて動かすと良いのだとわかりました

すべてに逆らわず、あるままを受け入れゆだねていく…心も体もそれは一緒なんですね

 

 

 

トルコのセマーに習い撮影はNGでしたので、以前特別に撮影した写真をお借りしました

view_image-1

まわっているのは6/11(土)旋回WS講師のEmineさん

IMG_1464

IMG_1463

桜の花びらが地面に落ちたものが、

風が吹いてふわっと舞い上がるような、風にのって飛んでいくような、そんな旋回をする方です

美しすぎて、ずーーーーーっと見ていたいです

 

まわることが怖くて逃げていましたが、旋回が好きになりました

これからは自分の踊りもまわることをたくさん増やして、踊りの幅を広げようと思います^^

 

6/11(土)WSではEmineさんが丁寧にまわりかたを教え下さいますので、

初めて旋回する方でもすっと入っていけます

Emineさんの作り出す空気はとても澄んでいて、凛としてまっすぐに、でも優しい感じに安心してまわれます

あとすごくいい香りがします笑\(^o^)/

 

この旋回の雰囲気、ぜひ体験してくださいね

心と向き合う、旋廻テクニックワークショップ by Emine

ダウンロード