こんにちは、WEBスタッフYWです。

2年前にFig主催のイベントのために初来日したMat Jacob。
気さくな性格で誰もが大好きになったMat。また来てほしいな~と思っていたら
大阪でYOKOさん、東京はASAMIさんがオーガナイズで呼んでくださいました!

東京で受けたワークショップの1つをレポします!

Le Tribaraque vol.5 Workshop
「Changing the original」(オリジナルを変える)

まずは、皆集まってお話しからスタート。
みんなトライバルフュージョンベリーダンスってなんだと思う?いつ生まれたと思う?
Matはこの議題を友達と討論&話し続けているけど完全な答えは出ない。
「みんなもそうじゃない?」
確かに、知っているようで知らない。。。

Matは元々歴史を勉強するのが好きなので自分なりにまとめてみたそうです。

アメリカのJamila Salimpoiurがいて、
そしてJamilaの生徒だった、Masha Archerが別で教え始めて
Marshaの生徒がFatChanceBellyDanceのCarolena Nerccio。
そのFCBDに元々いたのがJill Parker。その生徒がRachel Briceなどなど。

ネットでMatが見つけた関係図を見せてくれながら説明してくれました。

Matの見解だと、
大元はやはりJamila Salimpourだと思うとのこと。
Jamilaがベリーダンスの動きにエジプシャンとかアラビックとか名前を付けた。
そしてBal Anatで初めてトライバルショーを行った。

その後、いろんなパイオニアがムーブメントや種類などを作っていき、今のトライバルフュージョンベリーダンスがある。

特にCarolenaは初めて名前にTribalをつけた=FatChanceBellyDanceを作り、世に広めていった、
そしてFCBDではグループで踊られていたが、トライバルで初めてソロで踊ったのはJill Parker。
クラブ音楽系で初めて踊ったのはRachel Brice。
コンテンポラリー要素を初めて取り入れたのは、Heather Stants。などなど。

そのパイオニア達を知ることや、自分の好きな動きのルーツはどこか知ることは大事だと思う。

Matの見解が必ずしも真実・正しいということではなく、
みなさんそれぞれ自分が踊ってるこのダンスはどこから来てるか、自分なりの定義を持ってねと言ってました。

後半はトライバルフュージョンでよく知られたムーブメントを用いてどんどん追加するコンビネーションを繰り返し踊りました。
この動きは誰が最初に作ったか、同じ名前のムーブメントのATSとITSでの動きの違いなど教わりました。

【TFでよく知られたムーブメントたち】
Over shimmy
Turkish
Shoulder shimmy
Kitty Push
Egyptian
Arabic
Side winder
Paddle turn
Calibrated turn or spin
Upper Undulation
High taxeem
Single bump

体にコンビネーションが入ったころ、今度はオリジナルを自分なりに変えていくプロセスになりました。
速さ、方向、高さ、など変えることで元の動きがガラッと違って見えてきます!

3,4人グループになって、それぞれ自分たちで変えていき最後は発表。
同じムーブメントなのに、どう変えるかみんなバラバラで
グループごとにぜんぜん違うコンビネーションになって踊る方も見る方も楽しかったです!

オリジナルからどう新しい動きを作っていくか、目が鱗でした!

Matが、このトピックは長い間教えていたけどオーガナイザーで選ぶ人が少ない。
でもMatは大事だと思ってると言ってました。
ASAMIさん、さすがです!

とーーっても勉強になったワークショップでした!

またMatに日本に来てほしいです!